カテゴリ:未分類( 84 )

いかなご♪ごーごー♪

d0164339_1336777.jpg

今年もいかなごの釘煮炊けました♡
毎年この時期、垂水のあちらこちらから、いかなごを炊く美味しい匂いが漂ってきます。
春が来たなぁと感じます。
今年はどうしようか‥魚屋の前を通る度にうーんと考えつつ、2.3日素通りしていたのだけど、
土砂降りの雨の帰り途、いつもの魚屋の前を通ると‥いかなごが残っておるではないか!
立ち止まって、うーん‥。
すると魚屋のおっちゃんが、『もうこの雨やからお客もこーへんし、まけたるから買ーていきー。』と。
その一声で、よし!炊くぞ!
結局、毎年食い意地に負けて炊いてしまうのですが、やっぱり美味し〜い♡
昨年は震災の影響のようで、魚屋さんもびっくりなほどの大漁で、キロ1コインで買える安さでした。
最安値でキロ200円‼
ほんと、海の中はどうなってるんやろ〜とちょっと怖いくらいでしたが。
今年は値段も元に戻って少し高めのキロ1100円〜1500円くらい。
それでも毎朝、魚屋という魚屋の前には行列。列ぶ列ぶ!
お母様方、朝早くからご苦労様です‥。
私は朝から列ぶわけにはいきませんので、仕事帰りに残っていたら買います〜。
でも、ほんとは朝獲り一番のを買ってすぐ炊くのが良いのですよ。
グツグ〜ツ。
美味しい釘煮の匂い。春の始まり。
d0164339_13369100.jpg

[PR]
by ohisamatotane | 2013-03-04 13:24

生姜たっぷりカンタンチャイ

d0164339_14482937.jpg

我が家の女勢は大の生姜好き。
てなわけで、冷蔵庫には生姜の甘酢漬けは完全常備。
d0164339_14483382.jpg

初夏に漬ける新生姜では足りなくなり、追加するのですが、皆さんは生姜の甘酢漬けどのようにして作りますか?
私は、一度スライスした生姜をサッと茹でるんです。
その時の茹で汁はアク抜きのためのものらしく捨てるようなのですが‥
この一番生姜エキスたっぷりの茹で汁を捨てるなんて勿体無い〜〜〜
と、どうにか使えんか?と考え、まず、長女と飲むことにしました。
でも、そのままでは辛くて辛くて、飲めたもんではないので(長女は美味しい、美味しい!と飲み干すんですがね‥(ーー;))
考えたのが、生姜茹で汁シロップ。
生姜をサッと茹で、取り除いたら、そのままその茹で汁の中に黒糖を入れます。量は好みで。※灰汁はある程度取り除いておきます。
溶けるまで煮て冷まします。
それを瓶に入れて保存。
ピリリと辛い生姜エキスたっぷりの生姜シロップ出来上がりです。
d0164339_14483036.jpg

このシロップで絶品チャイがカンタンに作れるのですよ〜。
①シロップ適量を小鍋に入れて、紅茶の葉を入れ煮出す。
d0164339_14483175.jpg

②豆乳(牛乳)を入れてさらにコトコト。
あとはお好みでオールスパイスなどを入れたら濃厚絶品チャイの出来上がり〜。
d0164339_14483262.jpg

シロップはどのくらい保つのか分からないのですが、私の経験では大体冷蔵庫で10日ほど大丈夫です。
それまでには飲み干しちゃうので 笑。
[PR]
by ohisamatotane | 2013-02-25 14:29

喫茶店でお茶

2月は逃げると言いますが‥ボヤボヤしてたらあっという間。
いや、ボヤボヤしていたわけでもないんですがね〜。
どちらかというと、パタパタ‥と。
そんな中、2月の始め頃、美味しいシフォンケーキを焼いておられる朝の研究所みゆきさんとお茶をしに駅前の純喫茶へ。
d0164339_1428576.jpg

d0164339_1428683.jpg

近頃は街中にも様々なオシャレなカフェが至る所にありますが、
やっぱり、昔ながらの喫茶店が落ち着きます〜◎
コーヒーも焙煎してる方が美味しいですしね。
d0164339_1428760.jpg

d0164339_1428837.jpg

幼い頃、単身赴任?だった父が帰って来た朝は父に連れられ近所の喫茶店でモーニングを食べることが楽しみでした。
いつもコーヒーについてくるハッピーターン(お菓子)を父が自分の分も私にくれるのが本当に嬉しくて、ワクワク待っていたものです。
お店の外壁が白い漆喰のようなもので葉っぱのような扇型のような模様があり、幼い私の目にはその壁が怪獣の足跡のように見え、店内に入るまでいつもドキドキしていました。
子どもって面白なぁ。

みゆきさんと、今度次女のバースデーケーキの相談や日々の楽しいお話をしながら別れました。
ちなみにこちらは今回次女のバースデーケーキです。
d0164339_14281186.jpg

豆乳シフォン&チョコクリーム♡
とっても美味しかったです。
[PR]
by ohisamatotane | 2013-02-25 13:57

朝の研究所さんのシフォンケーキ

今日は長女の15歳のお誕生日でした。
昨年知り合った、シフォンケーキをご夫婦で作っておられる朝の研究所さんにシフォンケーキでバースデーケーキを作って頂きました♡
朝の研究所さんのシフォンケーキ、ほんっとに美味しくて、もっちりしっとり、なんとも優しく美味しいお味。
先週、ふと食べたいなぁ〜なんて思っていたら、ハッ!と思いつき、オーダーは一週間前までなんだけど、厚かましく聞いてみました。
すると、突然のワガママなオーダーにも関わらず快く対応してくださり、試作までしてくださり‥(T_T)
お忙しい中、作ってくださいました♡
d0164339_21312433.jpg
d0164339_21312675.jpg
d0164339_21312818.jpg

祖父母、兄家族にも好評。
とある有名なシフォンケーキよりも美味しい!と大絶賛でありました。
急なリクエストにも関わらず、親切丁寧に対応してくださった朝の研究所Kさん、本当に本当にありがとうございました〜。
お陰様で娘のお誕生日が素敵なものとなりました。

今日は私が仕事だったので、主人がたまたまお休みということもあり、お料理は主人に手伝ってもらいました。
本当にいつもこうして助けてもらってます。ありがとうね。
15年はあっという間だったなぁ〜。
長女は0:30に生まれたので、昨夜その時間まで起きていました。
そして、時間になるとスッと私のところにやってきて、そっと私に抱きついてじーっとしていた。
何を思っていたのかな〜。いつまでこうしてくっついてくれるのかなぁ〜。
なんて思いながら、私も長女の心地よい温もりにしみじみと浸っておりました。
15歳。節目だね。
なんだかいつもより感慨深い。
昨日、道で見付けたさくらんぼ。娘に似合う色です。
d0164339_21312921.jpg

[PR]
by ohisamatotane | 2013-01-15 21:10

へちかみ新年会2013

毎度恒例の陶芸家へちかみ邸の持ち寄りパーティー。
今回は新年会も兼ねて。
相変わらず素敵な御宅であります。
d0164339_130561.jpg

d0164339_1305810.jpg
ミニチュアダックスのパフ&なつこと遊ぶ娘たち。
d0164339_1305950.jpg
そして毎度素晴らしいお料理たち〜。
中華ちまき、里芋と牡蠣のグラタン、白菜のヨーグルトサラダ‥‥‥♡
d0164339_13117.jpg

この他にも後からへちかみさんの美味しい唐揚げに、tot-ziensさんのきのこご飯、シェマリーはなさんのデザート‥出てくる出てくる‥
お腹パンッパン‼になって帰りました。

へちかみ邸に集う面々は、陶芸家のへちかみさんをはじめ、うどん職人、雑貨屋オーナー、お菓子職人、フラワーアーティスト、エステティシャン、多肉の寄せ植えshopのオーナー、靴職人、ルアー職人、イラストレーター、アクセサリー作家、お人形作家‥‥‥それはそれは個性派さんばかりですが、みなさんとっても面白く愉快で楽しい方たちばかり。
そしてなにより、とーーーっても心優しい温かい方々ばかりなのです。
美味しいご飯だけでなく、元気や刺激も頂けて、それでいて癒される皆様。
本当にいつもありがとうございます〜。
[PR]
by ohisamatotane | 2013-01-15 12:33

鯛の塩釜焼き

年末に友人から美味しい鯛の塩釜焼きの作り方を教えて頂きました。
鯛は毎年実家で用意してくれているので、自分でするのは初めて。
普通に焼いたものより身がしっとりと柔らかく、いつまでも美味しいのでご紹介させていただきますね。
??????????????????????????
①大きめのフライパンか中華鍋を使用するので、そのサイズに合った鯛を準備します。(中〜大)
②鯛はウロコと内臓を取って、塩と油をまぶしておきます。
d0164339_1418428.jpg

③大きめのボウルに粗塩700〜800gと卵白1個分を入れて、手で泡雪状になるまで混ぜます。
d0164339_14184384.jpg

④中華鍋に新聞紙などをふんわり丸めたものを敷きます。その上にクッキングシートを敷いて、泡雪状の塩を鯛の大きさに合わせて乗せます。
⑤その上に鯛をおき、残りの塩で覆います。
d0164339_14184580.jpg

⑥蓋をして、中火で40分じっくり蒸し焼きにします。
様子を見て、火の通りが悪そうなら時間を長くしたり調節してください。
※塩は食べる前に取ってもらうといいかと思いますが、辛くなりそうでしたら6時間ほど置いてから取り除いてもらって、そのまま常温の寒い場所に置いてもらっていたらだいぶ良いお味になっています。
d0164339_14184656.jpg

完成〜♪
[PR]
by ohisamatotane | 2013-01-05 14:04

Happy New Year 2013‼

新年明けましておめでとうございます!
今年も穏やかで幸多き一年となりますように‥
よろしくお願い申し上げます。

皆様、それぞれに良き年末年始休暇を過ごされたことと思います。
私はと言いますと、毎年感じることですが、年末年始って大忙しの駆け足で過ぎて行くんですよね。
普段の日とそう変わりはないはずなのに、なんとなくソワソワ。
年賀状書いたり、掃除したり(これに関しては日頃マメにしてたらする必要ナシなんだけど)、お節の準備したり‥
お正月早々に親戚が集まりワイワイ。
初詣に年始の挨拶に‥ようやくゆっくり休めるのが三が日過ぎての今日あたり。
子どもたちも部活や学校が始まり、ホッ。とお茶をすすりながら‥と、そんなことをしているのも束の間。
私も仕事が始まるのだ〜‼
この貴重な ホッと出来る時間を満喫しながら、何をするわけでもなくただ、ボケーっとのんびり出来るしあわせを噛み締めております。笑。

さて、今年はどんな一年になるかなぁ〜
一年の締めくくりと、一年の始まり。
日本の風習って神道からくるものなんですよね?こぞって神社に御参りに行く人々の列を見るとなんだか面白くてなんだろ?と思えたりもしますが、こうして区切りをつけてもらうことって気持ちを切り替える上で有難いなぁと思ったりもします。
そんな私ですが、改めて本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
d0164339_125577.jpg

[PR]
by ohisamatotane | 2013-01-05 11:57

うれしい小包

先日、愛媛の母から小包が届きました♡
d0164339_12242235.jpg

定期的に麦味噌をお願いする時も、隙間に色々詰めてくれているのですが、それを一つ一つ取り出すあのワクワク感。
愛媛のお野菜、菓子、お饅頭にパン。
時には布巾や石鹸、お下がりの服だったり。
基本、食いしん坊の親子なので、食べ物中心 笑。
ワクワク玉手箱であります。
そして、この小包を一番に開けるのは私の楽しみなので、娘たちには開けさせませーん。
娘たちは仔犬のように開くのを待ち構え(美味しいものが入っていると分かっている)、私が一つ一つ取り出し確認してから『ヨシ!』『ワン♡』ってな感じであります。
今回は美味しい瓶詰めが盛り沢山♡
d0164339_12242360.jpg
温州みかんジャムと母の友達のお庭から穫れた杏で作ったジャム。
d0164339_12242580.jpg
柚子マーマレードに甘夏ミックス。
ヨダレもんです。
d0164339_1224276.jpg
可愛らしい木のスプーンは、使い捨てスプーンらしいのだけど、薄さが瓶詰めものを取り出す際に使いやすいとのこと。そして意外と丈夫。‥と巻き付いた手紙に書いてありました 笑。
そういう遊び心も母ならではで、いちいち読むのがこれまた愉しい♪
d0164339_12242959.jpg

d0164339_1224313.jpg
こちらは母の手編みウール靴下。
12足入っておりました。
私&妹の分と、残りは一昨年、お店で販売していた際に買ってくださった方々に購入していただきました♡
ありがとうございますー♡私も友達にプレゼントしたく、購入。
ウールの靴下は本当にあたたか。
重ね履きに冬は大活躍です。
d0164339_12243233.jpg
ちなみにこれは前回お味噌を頼んだ時〜。
故郷からの美味しいあったか小包。
お母さん、ほんといつもありがとうね。
食いしん坊の娘と孫より。
[PR]
by ohisamatotane | 2012-12-01 11:52

柿チャツネ

雨降りの本日、お店が臨時休業になったので、ちょうど作りたかった柿チャツネを作ることに。
今年は柿の生り年だったのか、先月から今月にかけて色々な方から柿のお裾分けを頂き、気付けば沢山に!
有難やぁ〜♡と思いつつも、生の柿は沢山食べ過ぎると体を冷やすので、
お裾分けのお裾分けをさせてもらったりしていたそんなある日、我が家の旦那様がカレーを作っておりました。
それを見ていた私、なんとなしに柿も入れちゃえ!と、刻んで横から勝手に投入したら‥
自分の作る料理にはこだわり屋さんの旦那。
『あ〜!何入れたんやぁ〜!オレのカレーにー!』とご立腹。
『まぁええやん。まぁええやん。甘味が出ておいしくなるわ。リンゴも入れたりするやん♪』と、ごまかし‥。
その時、ふと、柿チャツネってどない?と思いつきました。
調べてみたらあるにはあるようだ。
ヨシ!作るぞ!っと、一キロほどをチャツネ用に籠に入れ放置すること3週間。
d0164339_11584753.jpg
※写真は熟す前。
ええ感じに熟してきました♡
熟してないものでも良いと思うのだけど、熟してるほうが切ったりする調理の手間が省けるし、甘味も増すのでいいこと尽くし!
トロトロに熟していたので、ヘタをひねると芯ごとキレイに真ん中が取れ、あとは皮を剥がすだけ。
みごとツル〜ン、トロ〜ンとキレイに実が取れ、切る手間もなし!
d0164339_11584136.jpg

今回の材料は‥
完熟柿(剥き750g)、甜菜糖、リンゴ酢、生姜、ガラムマサラ、ナツメグ、クミン。
砂糖と酢は今回これを使いました。
d0164339_11584350.jpg

まず、柿と砂糖(150g使いましたが、完熟だったので、かなり甘めになりました。もう少し少なくても良いかも)と生姜(すりおろしひとかけ分)を鍋に入れ、グツグツ煮ます。
灰汁がたくさん出るので、取った方がエグミがなくなるかな?と思ったので、取りました。
d0164339_11584273.jpg
半分くらい汁気がなくなってきたら、スパイス類(好みだと思うのですが、私はガラムとナツメグは小匙1ほど。クミンは少々)投入。
少し煮詰めて最後に酢(50cc)を投入。
d0164339_11584463.jpg
さらに汁気がなくなるまで煮詰めて、ジャム同様、鍋に線ができるくらいになったらOK。
d0164339_1158457.jpg

煮沸して乾かした瓶に詰めます。
d0164339_11584689.jpg
相変わらず蜂蜜瓶です。今回の750g分でこれまたピッタリ!
一年ほど寝かせるとさらに旨味が増し美味しくなるそうですよ〜。
今のままでもかなり美味しいですが。
味はトンカツソース系の濃厚ソースの味です。
[PR]
by ohisamatotane | 2012-11-26 11:27

くつしたとてぶくろ展

今日からイノウエカオリさんの“くつしたとてぶくろ展”が始まりました。
かおりちゃんの自宅件ギャラリーyumahareは塩屋から山側に10分ほど歩いたところにあります。
さーて、今回はどんな素敵な空間になってるかなぁ〜ワクワクしながらクネクネと坂を登って行きました。
お部屋に入ると‥まず目に飛び込んできたのは落ち葉の絨毯。
はぁぁぁ〜‥感嘆。
d0164339_2132316.jpg

d0164339_2132451.jpg

d0164339_21321243.jpg

床も白く塗った板が敷き詰めてあり、冬の公園を思わせる雰囲気に。
一つの部屋がかおりちゃんの手によって色んな顔になる。
素敵やなぁ〜。
白い世界に、色とりどりの落ち葉と、カラフルな可愛らしいくつしたとてぶくろがとても映えてきれい。
d0164339_213269.jpg

d0164339_2132772.jpg

d0164339_2132862.jpg

d0164339_2132959.jpg

美味しいハーブティーでほっこり♡
d0164339_21321075.jpg

d0164339_21321139.jpg

温かな、愉しい時間を過ごせました。
一ヶ月くらい開催しているそうですので、yumahareでopenの日にちをご確認くださいね♪
***********
そして帰りに塩屋にあるcafe SAATCHIさんでランチして帰りました♪
d0164339_21321852.jpg

d0164339_21321946.jpg

美味しいカレーのスパイス漂わせるワンダカレーと悩んだのですが、今日はここで。
美味しいランチの写真撮るのをすっかり忘れて食べてしまいました‥
塩屋、心地よい町です。
[PR]
by ohisamatotane | 2012-11-24 20:55